塩と漢字と絵と雑談と…

いらっしゃいませ。ここでは主に漢字と趣味の話をしばしば綴ります

諺故事成語

やっぱりbotの内容提示になりました。
ツイッターでの「出たらいいね諺故事成語bot @kotokojibot 」での最近追加した諺故事成語です。

出典や意味も登録してありますが…まぁここでは本文だけで。
どうぞー
↓↓↓↓↓
喋喋しきは恥じ易し
寒松千丈の節
禍いは繊繊より生ず
驢事未だ去らざるに馬事到来す
漏甕を奉じて焦釜に沃ぐ
人に剛臆なく気に進退有り
日照りの高木履
一人の斉語衆楚の咻しきに耐えず
髪結いの乱鬢
河梁の別れ
函蓋相応ず
犠を畏れて聘を辞す
寒暄を述ぶ
鵜翼を濡らさず
鵲巣風の起こるところを知る
寂滅の煙と立ち上る
借銭の淵で首も回らぬ
糸麻有りと雖も菅蒯を棄つること無かれ
小恥を悪む者は大功を立つること能わず
松柏の操
章甫を沓に薦く
如才がなくば枇杷葉湯
助泥が破子
白目の多き者は疳癖が強い
心は万境に随って転ず
畛域を撤して諸生を待つ
腎虚の練り薬
苦杯を喫する
庫裏怱々して座禅得法成り難し
君子蕩々として小人戚々たり
形骸を土木にす
軽漾激して影唇を動かす
咄咄人に逼る
悪は一旦の事なり
瓶の尽くるは維れ罍の恥なり
灰釘を請う
歳寒くして松柏の凋むに後るるを知る
鷙鳥百を累ぬるも一鶚に如かず
猛虎の猶予するは蜂蠆の螫を致すに如かず
胡羯を呑む
胆甕の如し
胯下の辱
脂膏にも潤わず
腹中に鱗甲有り
膏を焚き晷に継ぐ
噤むこと寒蟬の若し
陋に因りて簡に就く
墓木已に拱なり
外言は梱に入らず
瓢を挙げて天漿を酌む
香餌の下必ず死魚有り
白圭の珠は磨くべし悪言の玉は磨き難し
鼻赤賓頭盧坊
牛縻に籐を通す
早いが賞翫
副急の涙
文は貫道の器なり
蚊蚋山を負う
瓶中の氷を見て、天下の寒きを知る
弁慶から暑寒を遣う
鮑魚の肆に入るが如し
朋友には相踰えず、頒白には提挈せざれ
部婁には松柏無し
穆として清風の如し
奔車の上に仲尼無く、覆舟の下に伯夷無し
麻矢は直く蓬箭は曲がれり
河魚の腹疾
スポンサーサイト
  1. 2016/02/02(火) 23:21:28|
  2. 漢字検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<もう3月なんですね | ホーム | 2016年ですね>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://saltkanji.blog.fc2.com/tb.php/54-296f0118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

Saltz

Author:Saltz
みなさん初めまして!Saltz(サルツ)と申します。
漢字や音楽、絵が好きです。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
漢字小話 (7)
お知らせ (6)
雑談 (27)
漢字雑談 (17)
音楽 (1)
漢字検定 (12)
フォント (1)
その他 (2)

Pixiv

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR