塩と漢字と絵と雑談と…

いらっしゃいませ。ここでは主に漢字と趣味の話をしばしば綴ります

リンク張りました!

このたび、二つのリンクを張らせていただきました!!

 どちらもニコニコ生放送のコミュニティです!私がよく行き、よくお世話になっています!


 ABC ~アラジンブロードキャスト~
 アラジンさんのコミュニティです。
 漢字クイズや、なぞかけ、なぞなぞ、などを放送しています。
 また、ブロマガで漢字についてのお話も書いているので、是非チェックしてください!


 ON//OFF (なぞかけ・クイズ)
 ホッチキスさんのコミュニティです。
 さまざまなクイズ企画を行っています!数では上位に食い込むくらいではないでしょうか。
 私のブログのリンクも張っていただきました。改めてお礼申し上げます。


 どちらも面白いコミュニティです。ぜひともご覧ください!
 また、リンクを張っていただけるブログ等、募集しております。良いよという方がいらっしゃいましたら、コメントなどでお教えください!!
 
スポンサーサイト
  1. 2013/08/28(水) 07:56:30|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漢字小話 其の肆<罪と皇>

 本当は昨日あたりに更新する予定だったのですが、できませんでした…すみませんorz
 今日は罪のお話です!

其の肆<罪と皇>

 今回は「罪」と「皇」について。
 この二文字で検索にかけてみると、不敬罪やら大逆罪やら出てきますが、そういったことではありません。そんなことを書けるほど、博識でないですから…

 さてこの「罪」という字。
 音読みは「ザイ・サイ」。訓読みは「つみ・つみする」です。
 成り立ちは、「网(罒)」+「非」です。「网」は網を表す漢字で、この漢字の部首でもあります。ここでは法の網を意味します。
 「非」は見て字のごとく、「非行」や「非道」など、よくない、悪い、背く、悖る、を意味しています。
 この二つを合わせて、悪事のために法網にかかった人を指すようになりました。

 しかしこの字は、もともとはもっと違った形でした。
 こんなのです→「
 「自」と「辛」を縦につなげた形ですね。全く「罪」の字と違います。

 この「辠」の成り立ちは、「自」ははな(鼻)を意味します。そして「辛」は鋭いナイフをかたどった漢字です。つまり、鼻を刀で切り落とす刑を受けた人を指します。古代中国では、罪を犯すとこういった刑に処せられました。そこからつみという意味を持つようになりました。

 ではなぜ「辠」の字が、現在では「罪」の字で使われているのでしょう?
 それにはちょっと時代を遡ります。
 まず、かの有名な『説文解字』(by許愼著)を繙いてみましょう。
 そこには「罪」についてこうあります

 〔罪…捕魚竹网。从网、非。秦以罪爲辠字。〕

 これを簡単に訳すと、「罪…魚を捕まえる竹網。网にしたがい、非とする。」となり、そして最後にこうくくっています。
 「秦は罪をもって辠の字とする。」
 これはどういうことか。つまり、「秦の始皇帝が罪という漢字を辠の代わりにする」と書いてあるのです。

 これにはこういう話があります。
 秦の始皇帝の時、「辠」という字が、始皇帝の「皇」の字に似ているから、「罪」の字に改められたというのです。
 確かに似ていますし、犯罪、罪隷を表す字が、皇帝を表す字とかぶるのは嫌ですよね。縁起も悪いし。秦の始皇帝の気持ちもわからなくもないですが、それにしても随分勝手ですよね( ̄_ ̄;) まぁ王様なんて勝手なものですし、漢字が難しくなったのだって、上の人たちのせいですしね…おっとこの話はまた今度ということで。

 いま私たちが使っている漢字は、たった一人の都合で変わっていたりするものなんですね(^0^)

 ※ちなみに、「罪」と類似語の「罰」は、「詈(ののしる)」+「刀(刂)」で、罪を叱って刀で刑を加えることを表した字です。こちらのほうが「辠」の字義に近いですよね。

  1. 2013/08/26(月) 20:10:34|
  2. 漢字小話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漢字小話 其の参<匣と匿>

 おととい旅行から帰ってきました!!楽しかったですよぉ岩手旅行!
わんこそば食べたり、宮澤賢治記念館に行ったり、遠野にいったり…
他にもいっぱい行きたいところはありましたが3日ではこれが限界ですねw
 ということで、今日も漢字小話です!!

其の参<匣と匿>

 突然ですが、「匣」と「匿」の二つの漢字、部首はなんだと思いますか?
 この部首は「匚」です。はこがまえ、と読みます。
 しかし、この部首は、かくしがまえ、とも読むんです。
 この二つ、厳密には違う部首なんです。二つとも同じ形なのになぜ?と思うでしょう。これには深~い(?)わけがあります。

 いま私たちが使っている漢字は、新字体または現代の通用字体と呼ばれるもので、画数が多かったり、形が混同しやすい漢字を、簡潔に統合した漢字です。
 たとえば「學→学」「澤→沢」「鹽→塩」「邊→辺」などです。難しいほうは、旧字体と呼ばれたりします。

 冒頭に挙げた二つの部首も、「」だけでなく、「」という部首があります。ぱっと見ると、とてもよく似ていますが、前者は二画目がカクンと折れ曲がっているのに対して、後者は二画目が丸みを帯びています。ちょうど「亡」の三画目のような感じです。
 この二つは形がよく似ているので、上記のように一つに統合されてしまいました。

 この二つは単体でも漢字としての意味を持っています。
 「匚」…ホウ  ・はこ   物を入れる四角い箱。
 「匸」…ケイ、ゲ・かくす  物を覆い隠す。
 似たような形でも、意味はまったく違うのです。

 ここで、最初に戻りましょう。
 「匣」の字は、箱という意味を持つので、部首は「匚」はこがまえ。
 「匿」の字は、隠れる・隠す・という意味を持つので、部首は「匸」かくしがまえ。
 となるのです。

 辞書には、この使い分けがちゃんと書いてあります。また、注意してほしいのですが、この新字体というのは、私たちが日常よく使う漢字にのみあてられたもので、あまり使われないよう漢字は、難しい字体のままです。
 たとえば、「灌」「鐸」「愈」などです。

 よく使う漢字が簡略化され、書きやすくなったのはいいのですが、それによって元の意味が部首で判断できなくなってしまったのは、すごく残念な気がします。
 ……ってかそんなのを気にするのは俺くらいですよねσ(^_^;)はい、済みません。


 ちなみに、「旧字体」という字を旧字体で書くと、「舊字體」となります。難しぃ(ノ゚ω゚)ノっつかめんどくさ!

  1. 2013/08/20(火) 22:13:31|
  2. 漢字小話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漢字小話 其の弐<貝と金>

ということで、旅行前にひとつ小話を…

 其の弐<貝と金>

 今回は部首の話。

 「貨・貸・貯・貧・購」これらに共通する部首はなんでしょう。
 そうですね『貝』ですね。でもなんで『貝』が部首なんでしょう?これらの漢字に貝って意味があるのでしょうか?

 そもそも部首というのは、漢字を分類するために基準として定められたものです。部首の数は214つあるとされています。また、その漢字において大まかな意味を想像する手助けにもなるのです。

 木部「森・材・檜など」は、木に関する字。氵部「海・沼・注など」は、水に関する字。心部「思・快・慕など」は、感情や意志に関する字。といった具合です。

 では『貝』ってなんなのさ?という疑問に戻ります。そもそもこの字は象形文字で、二枚貝や、真ん中に割れ目のある子安貝を描いたものです。もちろん貝を描いたものなのだから、殻をもった貝類の総称という意味を持ちます。

 しかしそれだけではありません。『貝』はかつて、装飾貨幣(貝貨という)として扱われていました。そのため、お金やお金のやり取りに関する漢字の部首として使われるようになったのです。
 なので「買」にも「財」にも、さらに「売」と「宝」の旧字体(昔の字体)の「」や「」にも、『貝』の字が入っているのです。

 なるほど、と納得していただけたでしょうか?(何がだよ)


 ちなみに朋友の「朋」の字も、実は貝を描いた象形文字なのです。『貝』なんてどこにも入ってねーじゃんか!と思うと思います。確かにこの漢字の部首は『月』です。
 でもこの字は、数個の貝を糸につなげたものを、横に二つ並べた様子を描いたものです。そこから「同等のものが並ぶ」という意味を持ち、「肩を並べる」となりました。


 だから「朋友・同朋・朋党」など、<仲間>という意味でつかわれるんですよね。
 友達とか仲間とかいう意味なのに、元がお金として使われた貝をかたどったものって、なんかむなしくないですかね?金ですかい!みたいな…?そんな風には思わないか…


 あっ!でも二枚貝って貝合わせの遊びがあるように、片方の貝殻には同じ片割れの貝殻しか一致しないから、気の合う、同じ志を持つ人同士が仲間になるとか!そういう意味なのかな。うん、そう思うようにしておこう。
  1. 2013/08/15(木) 22:25:25|
  2. 漢字小話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅行に行ってきます

 明日から3日間、岩手に旅行に行ってきます!
久々の家族旅行です。親子三人水入らずの旅を楽しんできます!

どこに行くかは細かいのは親に任せてあるので、私はシークレットトラベルみたいなやつですねw
あ、それと、今回2日目は被災地に赴きます。バスツアーがありまして、震災を知るためにも、
実際に目にしたほうがいいだろうということで、はい。
その場の雰囲気を直に肌で味わってきたいと思います。

 なのでブログやPixivがちょっと更新できませんが、このあと、漢字小話を投稿しようと思ってますw
是非読んでくださいね!
 ツイッターにはちょくちょく顔出すと思います。それでは!
  1. 2013/08/15(木) 21:58:17|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漢字小話 其の壱<春夏秋冬>

 これから、漢字小話と称して、漢字のお話を書いていこうかと思います!w
 良ければ感想など戴ければ嬉しいです!!あくまで私の考察なので、事実とは異なる場合がありますので、ご注意ください。
 それではどうぞ!!


漢字小話 其の壱<春夏秋冬>

 四季を表す漢字「春・夏・秋・冬」って、みなさん当たり前に書いて使ってると思うのですが、この中で「夏」の字だけ、あまり夏の要素が見当たりませんよね?

 「春」はもともと『艸+日』で、暖かい春の"日"差しが目に浮かぶよう。
 「秋」は『禾+火(もともとは束)』で、"禾(稲)"の収穫やたき"火"の様子。
 「冬」は『貯蔵庫の絵+冫(=氷)』で、"冫(氷)"の張る季節。
 でも「夏」ってどこに夏の要素があるの?
 この疑問を解くため、辞書やらなんやらで調べたことがあります。っていうか二年前に調べました。

 「夏」は象形文字です。馬とか鳥とか川とか、そのものの形を具象化したもので、漢字の大元の文字の種類といわれています。馬や川とかは字を見てみて、どんなものを描いたのかは一目瞭然です(よね?)。でも「夏」←この字って何を描いたものなんでしょう?わかりますかね?

 私も最初はよくわからなかったのですが、下についてる「夂」は足みたいで、上のやつは「首」に似ています。そう考えると人の形みたいですよね?
 調べてみたらどっこい、これは頭上に大きな飾りと面をつけて舞う人の姿を描いたものでした。

 自分の推測もあながち間違っていなかったとあって、ちょっと天狗になってたような気もします。が、それは置いといて、

 ではなんでその絵からSummerの意味になったかというと、大きな仮面をかぶってるところから、『大きな覆いでカバーする』という意味を持ち、そしてそこからさらに『大きい』という意味を持ち、『草木が盛んに生い茂って大地を"覆う"季節=夏』と意味が似ているので、この字を使うようになったそうな。

 成り立ちがほかの三つの字と違っているんじゃ、そりゃ要素なんて含んでるわけはないか、と納得しましたね。うん。

 漢字は総じて一つの意味を持ってるわけではなく、いろいろな意味を持っていて、そこからたくさん枝分かれして、ほかの字とも複雑に絡んできます。実はもっとほかの字とも関連付けて調べたんですが、ものすっごくややこしいので、ここには書きません。
べつに知りたくねーし(゜Д゜)って感じですよね、すみませんww


 今回は漢字の「夏」について取り上げてみました。どうでしたでしょうか?
 わからないところなどありましたら、コメントなどでお知らせください!できる限りお答えします!
  1. 2013/08/14(水) 18:11:01|
  2. 漢字小話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログはじめました!!

ということで!!
ブログはじめてみましたwww

ここでは主に、漢字についての小話や、Pixivの絵の進行状況、其の他雑談をつらつら
書いていこうかなと思っていますw

皆さん質問や聞きたいことなどありましたら、どうぞコメントなどに書き込みください!!
  1. 2013/08/14(水) 04:15:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訪問者数

プロフィール

Saltz

Author:Saltz
みなさん初めまして!Saltz(サルツ)と申します。
漢字や音楽、絵が好きです。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
漢字小話 (7)
お知らせ (6)
雑談 (27)
漢字雑談 (17)
音楽 (1)
漢字検定 (12)
フォント (1)
その他 (2)

Pixiv

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR