塩と漢字と絵と雑談と…

いらっしゃいませ。ここでは主に漢字と趣味の話をしばしば綴ります

漢検受検の方、ファイトです!

碧水会の時より、ボクちゃんさんにことわざ故事成語のUpをとお願いされていたので、ざっと、本当にざっと上げます。
ぎりぎりになって済みません……
今は時間が無いので、読みも無い状態でとりあえず羅列します。
眺めるだけでも、もしかしたら頭の隅にとどまってくれるかもしれないことを願います。

では長いので、追記から。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2018/02/02(金) 13:10:01|
  2. 漢字検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も宜しくお願いします

って言っても、もう一月も終わるのですが……相も変わらず更新が遅くてすみません……

先日の碧水会、思えば一年ぶりの参加になってしまいました。しかも、事前連絡を忘れてボクちゃんさん達にご迷惑をおかけしてしまう始末……本当にすみませんでした。
やはり儕輩の集まる会に参加するのはとても楽しかったです。

さて、去年の記事でspaceplusKKさんに、かまわないとの允可をいただいたので、文章訓読み問題その2です。
出典は引き続き『朱熹詩集伝全注釈二』です。

<問>次の文のが付いた部分を訓読みせよ

1・氓の蚩蚩たる、布を抱きて糸に貿ふ。来たりて我にきて謀らんとす。(衛風「氓」)

2・女やはず、士は其の行を弐にす。(衛風「氓」)

3・三歳婦と為りて、室労靡し。に興きて夜に寐ね、朝有ること靡し。(衛風「氓」)

4・芄蘭の支、童子觿をぶ。(衛風「芄蘭」)

5・誰か宋を遠しと謂ふや、てば予之を望まん。(衛風「河広」)

6・君子役に于く、其の期を知らず、か至らん哉。(王風「黍離」)

7・揚れる水、束薪を流さず、彼の其の之の子、我と申をらず。(王風「揚之水」)

8・中谷に蓷有り、暵として其れし。(王風「中谷有蓷」)

9・兎有り爰爰たり、雉羅にる。(王風「兎爰」)

10・我が生の初め、尚はくはひる無けんと……(王風「兎爰」)

以上です。
解答は追記から。

続きを読む
  1. 2018/01/24(水) 22:19:00|
  2. 漢字検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お試し

漢検1級模擬試験倉庫さんで最近記事にしている、文章題訓読み問題を私も少しやってみようかなと思いまして……無許可で済みません…。

既存の文章から捜すのであれば問題ももう少し出しやすくなるのかなと思ってのことです。
家には大学生時代に買ってほとんど使わないまま眠っている中国古書から引用します。

ということで、初回は『朱熹詩集伝全注釈二』(吹野安 石本道明 共著)より引用します。


<問>次の文のが付いた部分を訓読みせよ。

1・中冓の言は、ふべからざるなり。道ふべき所なれども、之を言へば醜くければなり。(鄘風「牆有茨」)

2・瑳たり瑳たり、其れ之れ展なり、彼の縐絺をひて、是れ紲袢す。(鄘風「君子偕老」)

3・定の方に中するとき、楚宮を作る、之をるに日を以てし、楚室を作る。(鄘風「定之方中」)

4・彼の虚に升りて、以て楚丘を望む、楚と堂と、景山と京とを望む、降りて桑を観る、卜に云ふ其れ吉なり、と、終に然く允にし。(鄘風「定之方中」)

5・鼠を相るに歯有り、人にして止無からんや、人にして止無くんば、死せずして何をかたん。(鄘風「相鼠」)

6・彼の阿丘にりて、言に其の蝱を采る。(鄘風「載馳」)

7・彼の淇奥をれば、緑竹猗猗たり。(衛風「淇奥」)

8・斉侯の子、衛侯の妻、東宮の妹、刑侯の、譚公は維れ私。(衛風「碩人」)

9・来りて我に即きて謀らんとす、子を送り淇を渉り、頓丘に至る、我の期をつに匪ず。(衛風「氓」)

10・桑の落つるとき、其れ黄にして隕つ。我れ爾にく自り、三歳食貧し、淇水湯湯として、車の帷裳を漸す。(衛風「氓」)

とりあえず十問の出題です。
解答は追記から。 さて、発熱中なので寝ますかね。

続きを読む
  1. 2017/12/23(土) 11:55:00|
  2. 漢字検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

さて漢検当日ですね

受検する皆さん、調子はいかがでしょうか。
何事もなく実力を発揮できることを願っています。
あ、終わったら問題用紙見せてくれると助かります…((

して、本試が目前に迫っているこんな時間なんですが、作っていた読み問題を出します。
確認程度に使っていただければ……
難易度はごちゃまぜなので、解けなくてもモーマンタイです。

一応、初合格を目指す方は答えられなくても仕方ないよっていうのには解答のほうに★マークつけておきます。


<読み問題>
1・天の産める猴王、変化多く、丹を偸み酒を偸みて山窩に楽しむ
2・天道に盈缺有りて、人事に屯阨多し
3・高架の下に住む見窄らしい傴僂の男
4・盲人瞎馬に騎りて夜半の深池に臨む
5・幽咽せる泉流氷下に難む
6・其の戟、鰭鬣の張るが如き貌形なり
7・堂廡の上に声楽は絶えず
8・道傍の乞丐に賑恤す
9・愚息の愆尤に目眥を尽く裂く
10・縲絏の中に在ると雖も、其の罪にあらざるなり
11・妻自ら甲絣を組む
12・馬退かんと欲すれば則ち錯錣これを貫く
13・汝復た呶呶する勿れ
14・故郷迢逓として君門深し
15・佞臣の中傷、讒愬に付き合っていては限が無い
16・深山幽谷にして冱寒の地
17・兵戈治まり佩犢して日に孜孜たり
18・矢鱈に打擲されると腹が立つ
19・懦夫をして立たしむ
20・幻獣獬豸は圭虒とも謂うなり
-------------
21・父無くば何をかまん
22・斯様にいことをなさるな
23・か能く惑い無からん
24・眼前に揺れる太藺の穂
25・耳目にわざるを以て排斥せり
26・竹のに水を通す
27・将を斬り旗を
28・旁従り時に其の肘をいて揺する
29・君主の文書を把りと称す
30・瘠せえた身を羞じる

答えは追記から↓↓↓↓↓
続きを読む
  1. 2017/10/15(日) 03:07:59|
  2. 漢字検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

四字熟語間違い探し

なんか思いついたので出題してみます。
出題される四字熟語の四文字のうち、一つだけ間違った漢字があります。それを正しい漢字に直してください。
大体、漢検漢和辞典より、一級配当のものを出題しています。(例外あり)
難易度は自己基準なので、人によっては全然合わないかもしれません。あしからず。

試験一週間前にあれなんですが、気軽に楽しめればと思います。混乱しちゃうって方はやらないほうがいいかも……


<問壱>易
1…蛙鳴蟬騒
2…鳳程万里
3…兎角麒毛
4…矮子歓戯
5…桑弧蓬枝
6…南橘北杞
7…破壊無慙
8…社鳶秋鴻
9…参差索落
10…羨望咨嗟

<問弐>並
1…直情経行
2…妖姿美態
3…爬羅剔刔
4…瑶林桂樹
5…竜攘麟振
6…敝帚千鈞
7…枉法徇死
8…面接廷諍
9…蹈常修故
10…徳政涵養

<問参>難
1…鞠躬尽悴
2…禍福依伏
3…脣歯補車
4…玄粧縞衣
5…南洽北漲
6…狐裘狗袖
7…行尸走尿
8…磨頂放踵
9…騰鴻起鳳
10…遵養時乖

解答は追記より。
続きを読む
  1. 2017/10/08(日) 02:17:00|
  2. 漢字検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

訪問者数

プロフィール

Saltz

Author:Saltz
みなさん初めまして!Saltz(サルツ)と申します。
漢字や音楽、絵が好きです。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
漢字小話 (7)
お知らせ (6)
雑談 (27)
漢字雑談 (18)
音楽 (1)
漢字検定 (21)
フォント (1)
その他 (2)

Pixiv

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR